2016/11/26 活動報告

鳥取地震支援活動報告 

1126日~27 

〈活動内容〉

・ボランティアセンターが依頼を受けた危険な案件の調査

地図をもとに被害状況を確認。

 

道が狭いため重機の入るスペースがなく復興が遅れている現状。

 

こちらのお宅では地震の影響で石がコンクリートから剥がれ落ちてしまったため

杭を打ち込み石を固定しはめ込んでいる作業です。

 

2日目〉

昨日残っていた案件に取り掛かりました。

 

斜面から落ちそうになっている石をロープでくくり固定しました。

住民の方達からは、「ちょっとでも何か対策をしてもらうだけで安心します」と声をかけていただきました。些細なことであっても被災地の方からすれば大きな安心に繋がります。

 

2軒目は、地震で家が傾き扉が開かなくなってしまった家に向かいました。

15分程で扉を開けることが出来ました。

もう開かないと諦めておられた住民の方も扉が開いた瞬間とても嬉しそうな顔をして

「助かったよ、ありがとう」と言って頂けました。

 

現在までに鳥取ボランティアに参加された方達は、3139名。

鳥取県倉吉市地震災害復旧作業は、冬が迫っており急を要する案件もたくさんあります。

まだまだ人手が足りません。これから鳥取災害ボランティアに参加して下さる人が1人でも増えることを住民の方達も願っております。