5月28日の活動報告

 

527日の夜車で名古屋を出発し、京都メンバー・大阪メンバーと合流し、翌28日の早朝に熊本へ到着。

 

飛行機部隊は直接名古屋から熊本へ当日の朝に到着し、現場にて合流。

 

 

 

まずは、いつも支援物資のご提供を頂いている会社へ行き、支援物資を頂いたのちに、我々チームレスキューの資材を補完させて頂いている小学校へ、今回使う資材を取りに行き、前回の続きの崖崩れ案件を遂行。

 

28日の熊本は雨の予報が出ておりましたが、昼頃までは特に目立った雨は降らず持ちこたえておりました。しかし昼過ぎから雨が降り出し、時たま強い雨も降ってきました。

 

その中、10メートルのブルーシートを崖にかぶせ、もし崖崩れが発生しても、被害を最小限に抑えられるように補強を実施。

 

また、地割れ部分が全壊よりも10センチほどずれ落ちてきていた為、ひび割れ箇所自体にも雨が当たらないよう、ブルーシートを延長してかぶせ、補強を実施。

 

 

 

午後からは、もう1カ所の崖崩れ案件を実施。

 

今まで同様、10メートルのブルーシートに土嚢袋をぶら下げ、隊員に命綱を付け崖の上からブルーシートをかぶせるという危険な作業。

 

回数を重ねるごとに、隊員たちも効率良く動く事が出来、合計30メートル分のブルーシート補強を予定よりも早く完了させる事が出来ました。