5月1日の活動報告

 

51日活動報告

 

 

 

明け方、震度3の地震がありました。地震の揺れに動じなくなってきましたが、地震そのものに慣れる事の無いよう気を引き締めたいと思いました。

 

 

 

昨日同様、避難所の小学校と益城町の病院と合わせて昼食・夕食各150食の炊き出し支援、小学校の環境整備・支援物資の仕分け・警備活動を行いました。

 

また、昨日同様にチームレスキュー宛にご支援頂いたお米を使用し、避難所用のご飯を炊き上げました。

 

 

 

炊き出しは、昨日も一緒に活動して頂いた、チームレスキュー熊本支部の方々と行った為、昨日より手際よく行う事ができたと感じました。

 

支援しているS病院からは、毎回皆さんが出てきて感謝の言葉を伝えて下さるので、自分達が行っている支援が多くの方々のお役にたてていることを励みにこれからの活動も力いっぱい頑張ろうと思いました。

 

 

 

周りでは、少しずつではありますがスーパーやコンビニ、飲食店などメニューや営業時間を絞っていますが再開したお店が多く見られました。

 

 

 

震災当時車も自衛隊の緊急車両が多く見られていましたが、それもだんだん少なくなっています。

 

歩行者も楽しそうに家族が歩いている姿を目にする事も出来ました。

 

少しずつではありますが笑顔が見られる事にとてもうれしい気持ちになりました。