1月9日の活動報告

 

19日活動報告

 

 

 

午前6時に愛知県を出発し、総数3名で茨城県常総市に向かいました。

 

正午に到着し、まず128日まで避難所となっていた、石下総合体育館の訪問をしました。

 

休日という事もあり、グラウンドではサッカー・野球、体育館内では剣道・バスケットボール等大勢の利用があり、避難所であった事を忘れさせる賑わいでした。

 

避難所で一緒に活動を続けた市の職員の方や、現地チームレスキューメンバーが駆けつけて下さり、久々の再会をしました。すっかり生活を取り戻した様に見えましたが、配給しきれなかった支援物資が残っている等、課題の残されている現状を聞きました。

 

 

 

現地チームレスキューメンバー1人が同乗する車で、石下総合体育館閉鎖後の避難先を訪問しました。

 

現在、かません旅館では、9世帯15名が避難生活をしています。

 

今回、チームレスキューと提携しているグリーンコープ様からお預かりした支援物資を、被災者の皆さまに配らせて頂きました。主に水・りんご・お餅・お菓子・インスタント味噌汁・洗剤を配りました。特に、洗濯洗剤は毎日 使うものだからと、とても喜ばれました。

 

 

 

次に、避難所からご自宅に戻られた被災者宅を訪問しました。

 

決壊した付近に住む、女性宅を訪問しました。私たちの顔を見るなり、満面の笑みで迎えて下さいました。その笑顔で、今回も活動に来て良かったとの思いが込み上げました。ご自宅は、床をはっている最中で、2階で生活は出来ているものの、まだ不便な様子でした。

支援物資をお渡しし、今後も支援を続けていく事をお伝えしました。