1月10日の活動報告

 

110日 活動報告

 

 

 

本日も、被災者の方に直接支援物資をお届けする活動をしました。

 

朝1番で、11月から訪問を続けている米農家のお宅に向かいました。

 

修繕作業は着々と進んでおり、1階も一部生活出来る状態になったと喜んでいましたが、全体でみるとまだまだ時間を要する状態です。支援物資をお渡しした所、特にお餅に喜ばれ、今年はお正月らしく過ごせなかったからと、とても嬉しそうな様子でした。

 

石下体育館に避難されていたご家族が、ご近所に何件かあったので、そのうち2家族のお宅を訪問し、支援物資を渡しました。そちらのお宅も、2メートルほど水浸したとの事で、柱にくっきりと跡が残っているのが見えました。

 

一帯で床の張り替えなどが行われている状態です。落ち着かない日々が続いているとの事でした。

 

避難所の方だけでなく、ご自宅に戻られた被災者の方に対する支援も継続出来る様、現場でも情報を集めながら活動をしていきます。

 

 

 

その後はかません旅館を再び訪れ、昨日要望のあったお水を届けに行きました。現在も石下総合体育館内の倉庫を一部、チームレスキュー用に使わせて頂いているので、ある程度のご要望には対応出来る状態です。昨日は外出していてお会い出来なかったご家族とも再会する事が出来、支援物資を頂いて本当にありがたく助かっているとのお声を頂きました。また、現在必要な支援や物資についての意見も聞く事が出来ました。

 

次回は、要望のあった洗濯洗剤や、簡易食品等を中心に物資の支援を行う他、少しでも支えになれる様活動を続けます。