10月2日 茨城県常総市での活動

102日活動報告

本日早朝に、猛烈低気圧の影響で台風並みに雨風が強くなるとの予報。

事前に市の職員さんと雨漏り等、施設内の状況のすり合わせを行い、夜間警備に入りました。

雨風が強まっていた為、注意深く警備しました。強風の度に体育館内、轟音が鳴り響く状況だった為、避難者の方々がゆっくりと眠れず、変わるがわる起きてこられ、対応をしました。

本日のボランティアは、総数20名程。少ない人数でしたが、衛生管理・物資の管理・物資の受け渡し・避難者の方のケアを割り振って行いました。

衛生管理の部分では、保険所から残飯の後始末を迅速にする様にと通達があった為、取り組んでいました。それでもハエが多い状況だった為、我々で見回りを行った所、ゴミ箱内の清掃の不行き届きや、避難者の方のスペースでの残飯の溜め込みを発見し、改善を指導しました。

物資の受け渡しの面では、4日(日曜)で外部被災者の方への受け渡しを締め切るとの連絡があり、受け取り希望者の殺到を見込んで、倉庫内整理を行いました。

夕食の炊き出しでは配膳の補助にも入り、避難者の方とも直接コミュニケーションを取りました。これまでのチームレスキューメンバーに対するお礼の言葉を、直にたくさん頂きました。