9月22日 茨城県常総市での活動

922日 活動報告

前日(21日)の夕方に愛知を出発しましたが、事故渋滞などで倍の12時間かかり、深夜に到着。そのまま夜間警備活動を実施。

今回は4名で参加した為、2名ずつペアを組み交代制にて24時間体制の警備活動にあたりました。

 

夜が明けた22日は第1陣の引き継ぎも含め、まずは館内全体の把握と共に、現地チームレスキューメンバーと、今後の作業内容のミーティングを実施。

 

現在石下総合体育館に避難している避難者は約100120名。

ボランティアはシルバーウィークという事もあり、毎日約50名が参加頂けておりました。

 

今回の活動として、今現在も多くの支援物資が送られてきており、その受付・仕分け作業と、館内の衛生・環境整備、24時間体制の警備活動、ボランティアの受付・作業指示、自宅が被害を受けた方々の身の回り品調達・心のケアなどを行いました。

 

支援物資に関して、衣類やおむつなどは数多くの寄付を頂けましたが、シャンプーや食器用洗剤などは殆ど無く、思った以上に偏りが発生しておりましたが、新たに呼びかけを行ったところ、不足品をわざわざ持参頂ける方もいらっしゃいました。

 

また、避難者の健康管理も行っており、ご年配の女性が38℃を超える高熱が出た為、夜通し重点的に健康状態を確認。定期的に声掛けと水分補給を実施。