9月3日の活動報告

93日・活動報告】

 

 本日も2班に分かれ、一方は昨日からの継続案件を行い、もう一方は昨日に避難指示が解除されたばかりの緑井7丁目へと入り活動を行いました。

 

1. 前日までの作業で建屋裏の土砂撤去は完了していたため、土嚢の運搬作業を行いました。今回は、一般ボランティアの方はいらっしゃらなかったため、チームレスキューの隊員一人と、個人宅のご主人の親族の方々と土砂の運搬作業を行いました。どの方もご高齢だったため、親族の方々にはほどけてしまった土嚢やしっかり縛れていない土嚢の縛り直しの作業や土砂を入れすぎた土嚢の分割作業を行っていただきました。腰等を傷めないよう二人一組で土嚢を運んでもらうなど安全対策に気を配りながら作業を行っていきました。また、隊員は現場の監督はもちろんのこと、ばらばらに集められていた土嚢をすこしずつ同じ場所にまとめていきました。3日の作業では、14時ごろに雨が降り出したため、安全を考慮し、作業をその時点で中止しました。最終的に、ばらばらに集められていた土嚢が半分ほどまとまり、土嚢もしっかりと縛りなおすことができました。

 

 

2. 本日は、緑井7丁目の現場にて一般ボランティア団体の統括リーダーとして活動しました。ボランティアセンターより緑井7丁目へ派遣された方々が、現場にて安全かつスムーズに活動できるようサポートさせていただきました。さらに、緑井7丁目内の各現場へと派遣された方々を見回る際には、地域の方々とコミュニケーションをとり、作業のお手伝いやニーズの調査などを行いました。緑井7丁目は92日に避難指示が解除されたばかりの地域で、これから一般のボランティアの方々がどんどん入ってくるため、みなさんが円滑に活動できるよう心掛けて作業にあたります。