7月14日の活動報告

こんにちは。
7月14日の活動報告をさせて頂きます。

 

14日は昨日の続きで、サーフィン会場の駐車場整備・避難路の確保作業と、高台移転に伴う土地の整備を行いました。

 

本日は『K旅行』様から一般ボランティアの方々も午前から8名、午後から5名増え合計13名ご参加頂きました。

 

駐車場整備の現場は、今まで数多くの現場を経験してきたメンバーに、今回初のリーダーを任せました。

 

駐車場整備は簡単な草刈のように見えますが、鋭利な草刈機なども使用する危険な作業でしたが、無事怪我無く本日の業務を完了する事が出来ました。

 

チームレスキューは災害現場の復興だけでなく、今後発生する災害に備え、現場で指揮を執れるリーダーの育成も重要な任務です。

 

高台整備の現場は、昨日で平地の伐採が完了し、本日は傾斜部分の伐採がメインだった為、足場の確保や木の倒れる方向も事前にしっかり確認し、互いに声を掛け合いながら作業しました。

 

また、伐採した木は運搬し易いように2メートル幅ぐらいに切断もしました。

 

日中の気温は25℃ぐらいで作業しやすい気温ではありましたが、思った以上に汗をかくので15分間隔で休憩をとり、しっかりと水分吸収と塩飴などで塩分も補給しながらの作業でした。
伐採した木は運びやすいように2m感覚に切断しました。
伐採した木は運びやすいように2m感覚に切断しました。
今回は一般ボランティアの方もご参加いただきました。
今回は一般ボランティアの方もご参加いただきました。
斜面の伐採は足元も悪く、危険が多いため、ペアと事前に安全確認を行ってから実施します。
斜面の伐採は足元も悪く、危険が多いため、ペアと事前に安全確認を行ってから実施します。