5月9日の活動報告

こんにちは。

5月9日の活動報告をさせて頂きます。

 

9日は、朝から内勤資料を作成。

その後各団体と、東松島~石巻市~南三陸町の視察を

夕方まで行いました。

南三陸町は特にひどい状態で、町が全滅しており

私がテレビで観ていた震災当初の映像が目に浮かんできました。

2年経ってもこのような状況である事に、

胸が締め付けられるような感覚に陥りました。

東日本大震災は、ただ大きな地震が起こっただけでなく

大きな津波によって、より多くの犠牲者と爪痕を残しました。

しかし東北地方から離れれば離れるほど、

震災復興・復旧という意識は薄れつつあると思います。

世間からすれば「もう2年」という意識を持つ方もいらっしゃると思いますが、私たちにとっては「まだ2年」という感覚です。

しかし、それは仕方のないことかもしれません。

なのでせめて、震災の「記憶」は心に留めていてほしい。

と、今日の視察により改めて感じました。

 

 

 

この船は、8日から東京を出発し、8日間かけて日本一周をしている「ふじ丸」という船です。日本一周の初めての寄港が、石巻港でした。
この船は、8日から東京を出発し、8日間かけて日本一周をしている「ふじ丸」という船です。日本一周の初めての寄港が、石巻港でした。
南三陸町にも、未来への明るい兆しが見えます。
南三陸町にも、未来への明るい兆しが見えます。
南三陸町災害防災センターであった場所です。震災当時のまま残されています。
南三陸町災害防災センターであった場所です。震災当時のまま残されています。