代表挨拶

 

2011年3月11日、日本は未曾有の震災「東日本大震災」にみまわれました。

 

それは、あまりにもショッキングな出来事であり、全ての日本人の価値観を変えた程の大災害でもありました。

 

被災された方々におかれましては、心よりお見舞い申し上げます。  

 

私たちは、その震災直後より学生を中心としてボランテイア活動を継続しており、2012年8月に、NPO法人「非営利活動法人チームレスキュー」として災害を受けた皆さんへの手助けを少しでも早くしたいと、このボランティア活動をスタート致しました。

 

月日が経つごとに忘れられていく東日本大震災の記憶を、私たちチームレスキューは、多くの人々にこの経験を伝え、防災について語り、

 

災害地の方々の想いに寄り添いながら最後まで共に本当の復興に向けて歩かせていただく所存でおります。

 

また、最近では、地球温暖化とそれに伴う様々な自然環境の変化や自然災害に対し、日本人の誰しもが、未来に危機感を感じていると思います。このような中、今回の震災を機に、自然環境の保全、生命の大切さ、また、ボランテイアに対する関心と必要性は非常に高まってきているとも感じております。 私たちチームレスキューは今後も、東日本大震災での復興支援にとどまらず、これから起こりうるであろう災害に対し、これまでの経験を生かし、災害ボランテイアを通して、災害地の皆様の想いと共に再生に向かうお手伝いを止める事無くし続けたいと思っております。

 

                                         代表理事   小 野 聡 美